So-net無料ブログ作成
検索選択
ブルーレイレコーダー ブログトップ

パソコンは大事ですね HDD換装は意味がある場合のみにしましょう [ブルーレイレコーダー]

12.jpg

パソコンも古くなってくると怖いのはHDDの故障です。



それは突然やってくる。



しかも、消えたデーターは数万円を掛けなければ戻らないし、全て戻る保証もない。



ということで少し前、安いHDDクローンスタンドが売っていたので買っておきました。



http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007SQJ92E?keywords=KURO-DACHI&qid=1437843776&ref_=sr_1_1&sr=8-1



Tバイト程度の安いHDDも買ってそのうちパソコンのHDDが異音を発するようになった頃にクローンHDDを作ろうと準備していました。



http://www.amazon.co.jp/367/dp/B009D9SJ7U/ref=sr_1_3?s=computers&ie=UTF8&qid=1437843964&sr=1-3



ところが、ある日書店で立ち読みしていたらラジオライフ2015年8月号に「お手軽ブルーレイレコーダーHDD換装」の記事が!

http://www.sansaibooks.co.jp/rl/%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%952015%e5%b9%b48%e6%9c%88%e5%8f%b7.html



Panasonic DMR BWT530」でお手軽HDD換装が出来るという記事でした。



今までは船井電機のOEMである東芝や三菱の一部の古いブルーレイレコーダーがメーカー初期設定で換装できるのは有名ですが、その他となるとバイナリデーターの書き換えが必要で計算が面倒くさいし、少しお金をかければそれなりの商品が手に入るので真剣には考えませんでした。(特に、各メーカーが対策を考えてバイナリデーターのみでは不可能な仕組みを取り入れているようで最新機種では不可能だと言われています)



しかし、この本を立ち読みした後で家に帰って型番を思い出しネットで検索してみたら「Panasonic DMR BWT530」がオークションに即決価格で出ていました。



即決価格は送料込みで28,000円でした。



やはり人間の業というものは恐ろしいものです。



それを見た瞬間HDDクローンスタンドと3TバイトのHDDを持っていることに気付き、なにか無性に欲しくなりました。



何と私の頭のなかでは「ブルーレイレコーダーの方こそパソコンより先に壊れるかもしれない。そうだそうに違いない。」と都合の良い方向に理屈を変えてそれを信じこませようとする自分がいました。



しかし時、すでに遅し・・・。



落札ボタンをポチった後で反省しきりです。



ただし買ってしまった以上は書店に戻り、件の「ラジオライフ2015年8月号」をゲットし目的を遂行せねばなりません。



本当に昔も今も「引っかかる」とはこの事です。



しかし、現実と比し雑誌の記事とは如何にいい加減なものかよく分かりました。



この記事によれば「HDDクローンスタンドに換装用のHDDを挿しレコーダーのほうで外部HDDと認識させその後物理的にHDDを交換し、フォーマットすればお手軽にバイナリデーターなど気にせず換装が成功する」というものでした。



その通りやってみました。



しかし換装後DMR BWT530HDDを認識するどころか「異常が発生しました」とのアラートで電源を切るほか手がない状況になりました。



まずい!やってしまったとの自責の念を憶えつつも冷静に記事を数回読み直しました。



記事通りに実行したことは間違いないのですが、はた!と気付いたことがありました。



何故、HDDクローンスタンドを使うのか?



別にHDDクローンスタンドでなくてもUSBHDDを繋ぐ安価な部品は存在し、外部HDDと認識させれば良いのに・・・そうか! HDDクローンスタンドを使う理由は、まず内蔵HDDのクローンを作らなければならないのだ。



即座にHDDクローンスタンドの1番に内蔵HDDを、2番に換装用HDDを挿しクローンボタンを押す。



どちらも録画データーが無いので待つこと数時間で完了しました。



そのクローンHDDが出来た後、元の内蔵HDDDMR
BWT530
に戻し、正常起動した後、作成したクローンHDDを外部HDDとしてDMR BWT530HDDクローンスタンドを使って認識させる。(ここで初めてHDDクローンスタンドが記事上で役に立つ)



その後、物理的にHDDの交換を行い正常起動した後HDD設定画面でフォーマットを掛ければ 277.32時間、つまり3Tバイト搭載DMR
BWT530
の出来上がりとなる。



無事換装成功した後に思ったことは達成感というより、あまり役に立たない事への欲に走った自分の情けなさであった。



やはり一番の心配はパソコンのHDDであるべきである。



ブルーレイレコーダーなどの録画をこまめにディスクに避難させて、万が一壊れたら買換えれば済む。



パソコンはデーターの種類の多さからアプリごと移さなければ被害甚大となる。



万が一長年のパソコンデーターが消えてしまう事になればブルーレイの3Tなど・・・。



やはり、パソコンのほうを優先すべきと認識した一件でした。




ブルーレイレコーダー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。